【農機具,NO LIFE! Vol.1】

014いちご農園(おーいしいちごのうえん)
代表 大石剛史 (鳥取市気高町)

 

「鳥取は農業が熱い」というキャッチコピーに目を奪われ脱サラを決めた大石さん。
1年間のいちご農家での研修を終え、少しずつ農園も成長、農業従事者としての視野も広がり、次なる展開を考えていた矢先の2017年2月に事件は起きました。

33年ぶりの記録的な大雪です。

大石さんもこの大雪の被害を受けたそのひとりでした。
1000平米あるいちごハウスが雪の重さに耐えきれず、倒壊してしまったのです。再建には時間も費用もかかります。

しかし、絶望の中でも関わってきた地域・お客様の顔を思い浮かべると、ここで終わるわけにはいきません。

儲かる農業の見本となり農業就業人口の増加や、地域一体となった観光地の実現を目指しています。
現在大石さんはいちご作り再建クラウドファンディングを利用し、再建へ向けて熱い農業が再び動き出しました。

※本日のBSS 山陰放送『テレポート山陰』で大石さんについて放送される予定です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

New topics

  1. 2020.4.28

    ゴールデンウィーク期間中のお休みのお知らせ

    平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
  2. 2019.12.9

    【5年間の締めくくり】共生の里事業で鳥取市・佐治町・余戸地区の方々と交流をしました。

    12月8日(日)に平成27年から弊社と活動協定を結ぶ鳥取市佐治町余戸地区で地域の方々と5年間の締め...
  3. 2019.11.26

    年末年始のお休みについて

    平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。
ページ上部へ戻る